超愛術とは                   

「超愛術」での施術は余りにも簡単であり、疑問を持つ人が現れるかも知れません。自然パワーは非物質的なエネルギーですから、科学的に証明することが困難であり、それが弱点となっていることは否めません。

心、精神、意識、魂はすべて同じものであり非物質的なものですが、これらの存在を全て否定することは、誰にもできないことでしょう。
もう、そろそろ[ 神秘な世界 ]の扉を開くときがきており、私たち人間界が求めている理想の施術法を、信頼してもよいのではないでしょうか。

私たちが持っている施術法は、見世物にしたくはありませんが、皆さんがお望みなら、人々の大勢いる前で公開しても構いません。貴方がこの現実を目の当たりにしましたら、きっと理解していただけるでしょう。その機会が来ますことを、心から願っています。

超愛術師には、「自然界の源パワー」が魂に貯蔵されています。施術者が苦痛者を意識して「貴方はもう治っています」と思念したら、パワーが苦痛者に流れ施術は終了です。ですから施術は一瞬であり、苦痛者の身体に触っても触らなくても効果は同じです。

また、苦痛者が近くにいても遠くにいても、関係なく施術効果があります。このことは非常に重要なことであり、距離に関係なく電話や写真でつながっていれば、施術が可能だということです。しかし施術者と苦痛者が信頼で結ばれていることが、大切なことは言うまでもありません。

遠方にいる人を施術をする場合は、施術する原因がどうして発生したかを「自然界」は知っています。関係した全ての人をさかのぼって、苦痛者を特定する能力をもっているからです。

「超愛術」を実行するには、来院した苦痛者と直接面会するか、或いは紹介者から苦痛者の氏名を聞くだけの場合もあるでしょう。また紹介者が複数連なっていることもあり得るし、口コミで広がった情報を知って、電話やメールで施術を依頼してくる人もいるでしょう。

▲ページトップへ

ただし施術者と、紹介者、苦痛者がお互いの名前を知っているだけでは、施術が実行されることはありえません。施術者と紹介者、紹介者と苦痛者が過去に面会して、お互いを認識していることが、施術の実行に必要なことなのです。しかし苦痛者と電話でつながっていれば問題はありません。

口コミの場合も同様であり、認識でつながっていれば面会の必要はありません。認識がないつながりは多く存在していないはずであり、苦痛者の施術が拒否されることはないと思われます。
以上が、苦痛者を施術する際に必要な条件です。

しかし一番良いのは、一度来院していただき施術をして、後日何かが生じたときに、遠隔で施術をするのがよいと思います。その際の遠隔での施術料は、来院時の料金と同じか、またはそれ以下となります。

私たち超愛術師の目的は、苦痛者を救済することだけではなく、苦痛者の人格を高め、社会のために尽くす人物を育てることです。

今まで痛みや病気で苦しんでいる人たちは、魂と肉体のバランスが崩れたためであり、魂のレベルすなわち人格が下がったからです。人格が下がる理由は、メニュー「ストレスについて」などで説明しています。

人格が下がって痛みや病気で苦しんでいる人に、自然パワーを流すと魂がよみがえります。そして魂と肉体のバランスが正常になり、肉体も回復して痛みや病気から開放されます。人格が上がったり下がったりして、健康と病気を繰り返すことにより、魂は磨かれていくのです。

地上界に生まれてきた目的は魂を磨くことですから、苦しみに耐えて乗り切ってください。それを期待し待っている人が、貴方には大勢いるのです。

▲ページトップへ