症例報告                   

「超愛術」の症例は全て真実であり、皆さんのご質問にも応対しますから、ご遠慮なく電話やメールでの連絡をお待ちしています。

「超愛術」の施術成功率はほとんど100パーセントに近いものであり、決して偽りを言って皆さんをだましたり、来院を誘導するような低俗な行為はいたしておりません。

施術法は至って簡単であり、その説明は別項目でしていますので、ここではお話いたしません。ですから論より証拠であり、症例報告を読んでご理解していただきたいと思います。

「自然パワー」は魂のレベルを高め人格を高めますので、霊障で困っている人達を救済することも可能なのです。その霊障もこの症例報告に掲載していますので、ぜひ読んでください。

● 58才 女性 ひざ痛

膝痛で、わらにもすがる思いでいるときに“自然療法院”の看板が目に入った。予約なしで「自然療法ってコンニャクでも使うのかな」と思って入ってきたそうです。

正座が全く不可であり、階段の上り下りが非常に困難だということです。
一年間あらゆるところへ行ったが治らない。営業まわり時の階段上りは蟹の横這いのように、良い足を先に上げて悪い足を引きずり上げていたそうです。

要所検査(1分)をしましたら原因は膝でなく股関節が悪く、膝窩筋と腸脛靱帯が萎縮して痛みが出ていたのです。そのため膝関節に歪みが出てかみ合わせが悪くなり関節液がたまっていると分かりました。

ベットに腰掛けている状態で、目をつぶってリラックスしてもらい「自然パワー」での施術を実行しました。施術は3,4秒で終わり「立って、座って」を3回するよう指示しましたら、痛みもなくスムーズにできました。次は歩幅を大きくして歩いていただきましたら、何の問題もなく歩けたのです。ウソでも何でもないのであり、嬉しそうに帰っていかれました。

翌日また「足が少し痛いのですが」と来院しましたので、「それは貴方の欲張りですよ。強い欲望を持ってはいけません。」と言って帰っていただきました。私は患者さんに対して譲歩はしません。もっと楽になりたいという欲望があるからです。

4,5日してまた見えた彼女はにこやかに笑っていました。もうまったく痛みはなく正座、階段の上り下りも平気だということです。そして膝の腫れも引いていました。
それから彼女の営業のかたわらの口コミ宣伝がはじまりました。すでに50人以上の人を紹介してくださり、それは今でも続いています。

かつて、ある病院で「膝の水を抜きましょう」と言われ、丁寧にお断りしたら「今に涙を流して謝りに来るよ」と言われたこともあった人でした。
いくら医学が進歩しても、痛みや痺れに関しては旧態依然の対処しかできないことに、なぜか不思議な思いで一杯になりました。

▲ページトップへ

● 39才 女性 メニエール病…本人が語る

はじめまして。こんにちは、私は大阪在住の主婦です。 
私はメニエール病で薬を1日15錠ほどと、睡眠薬を毎日飲んでいましたが、先生に施術していただいてから、今はまったく薬が必要でなくなり飲まなくても大丈夫になりました。

頭を右下にしてしか眠れなかったのですが、今は左右どの向きでも寝れるようになりました。いつ、めまいが起きるか、いつも不安で外出もできず、入浴も不安でしたが今は平気です。

今は仕事もできるようになり、朝9時から午後1時まで楽しく働かせていただいています。以前は体調がすぐれず発作の時は、この4時間さえ働ける状態でなかったのです。今はめまいもなく元気で働くことができています。

笑うこともできなかったのですが、この頃は笑顔も多くなりました。大声で笑うことも多いです。趣味もCDで歌を聴いたり、ピアノが上手になりたくて練習したり毎日楽しんでいます。

今まで間違っていたことをしたり、ひどいことを言ったりした事で、家族や仕事などで他人に迷惑をかけていた分、これからは逆に良いことをし、心をきれいにしていこうと思っています。

自分のこれからの希望と目標と努力が主人との話合いで、お互い一致しましたので家族が楽しく笑顔でいられるよう頑張ります。
これもみな先生に施術していただいてからであり、先生にはとても感謝しております。

▲ページトップへ

● 40才 女性 霊障…本人が語る

前兆は私の周りの人達のいろんな声です。ある人がどこそこの神社に行って、お水をいただいて、それを飲んだら体が悪いのが治るとか、龍の絵の刺繍を服に貼ったり、それを身につけていたら良いことがあるなど、そのようなことを毎晩夢でみるようになりました。

自分でも自分自身がどうなっていくのか、どうなってしまうのかと危険に感じた時に、完全にあるものに体を乗っ取られてしまいました。
乗っ取られてからは母に「我は天照大神なるぞ」とか、3日3晩延々と両手に包丁を持って暴れて、しゃべりまくって、精神病院に入院させられました。

その時、私の意識はしっかりしていたのですが、体は乗っ取られた状態で、自分の意思で体を動かすことがまったくできません。ただ、じっと私の体を何者かが操っているのを、自分の体の中から見ているだけでした。

自分の意思で体が動けないのにかかわらず、私の意識の中では、自分は神から選ばれた人間なんだ。そんな私にいろんな力が、不思議な力、見える力がついたと思っているところがあり、先生のところで診ていただくまで、それがとんだ勘違いだと気づきませんでした。

今考えると、普通に考えても、天照大神が包丁を持って、母をおどして暴れるなんてありえないんです。普通に考えてもありえないと思うんですが、その時私自身は神が宿ったと真剣に思っていました。

入院中は薬で眠らされ続けていたんで、家族が私を退院させてくれなければ、今も手足を拘束され、薬を飲まされ、注射を打たれて、私の人生は精神病院の中で終わっていたと思います。
もし、退院することができたとしても、自分は神に選ばれた人間と思っているから、あるものとの結びつきが取れるはずもないので、入退院を繰り返していたと思います。

私のように完全に乗っ取られてしまったら、自分ではもうどうすることもできません。もしそのような方が身近におられたら、どうか助けてあげてほしいです。ほんとうに助けていただいて、今こうやって仕事して、毎日、日常生活が送れていることを、すごく感謝しています。ありがとうございます。

▲ページトップへ

● 60才 女性 冷え、落ち込み…本人が語る

皆さん、こんにちは。私は28才の時に、熱が下がらなくて、近所のお医者さんへ行って調べてもらいました。リウマチ熱といわれていました。でもその間、熱がある時も仕事を続けていましたけども、お医者さんが近所でしたので1ヶ月注射をしました。

それ以来25年間、血液のなかにリウマチの因子がありました。体とか膝が、天候とか季節の変わり目、あるいは自分が疲れがいっぱいあった時は、ズーッと重たかったというか、症状が続き、取れない状態でした。

それが先生に施術を受けるようになってから、血液検査でリウマチの因子がマイナスになりました。

今年なんですけれども、秋田は、気象庁では梅雨明けと言っていましたけれども、その後もジメジメした毎日が続いていましたので、私は、自分の近所で、不幸が続いていたり、いろいろありましたので、疲れも重なって、7月20日前ごろから急に両足が冷えて、あっ、なんでこんなに冷えるのかなぁと思って、自分で不思議でした。

普通であれば風呂から上がった時には、全然冷たさが無いんですけれども、その期間は、風呂で足湯を使おうが何しようが、足の冷え、両膝の冷えが全然止まらなくて、風呂から上がるとすぐ、靴下を履いたり、レッグウォーマーをつけたりしていました。
あー、こんな状態だと、又冬になったら、あの20代当時の、ああいう状態になるのかなぁと、そういうことを考えたりして気持が沈んでいました。

8月3日、火曜日なんですけれども、忙しい中、どうしても先生に電話をかけて伝えたくなりました。そしたら先生が「そのまま電話切らないで待っていてね」と言ってくれました。

そしたらほんとうにあの、体が熱くなって、すごく気持がよくなって、なんて言えばいいのかな、いつも先生に遠隔施術をしてもらうとニコニコしてくるんですけれども、その時も笑いが込み上げてきました。

それだけでなくって、自分が落ち込んでいた気持が、まったく飛んでしまって、明るくなって、あれっ、足の冷えもなんか感じなくなっているという、そういう状態になってしまいました。

体の細胞が全部喜んでいるという感じで、すごく、こういう体験ができた!と思ってありがたくなってしまいました。
その後、入浴後なんですけれども、今まであまり汗かかない私でしたけれども、汗をかいて、気持ちよく過ごすことができました。

それでですね、リウマチ熱の状態時には、特に膝は砲丸投げのボールが入っているような感じで、膝がズーッと重かったのです。あー、またそうなればというので、不安な状態でいましたが今はとっても調子がいいです。ありがとうございました。

▲ページトップへ

● 39才 女性 逆子が正常に…本人が語る

私は6月に、妊娠8ヶ月の時に逆子が分かりました。
それで先生に相談しに来たところ、先生がパワーを入れてくれたんですけども、その時、右腕に痛みと、しびれ、だるさがとっても強く出てきて、すごく苦しい状態になっていました。
それから家に帰ったのですが、次の日にはウソみたいに右腕の症状が消えてました。それで以前のひどいムチ打ちしてた時の後遺症があったのだと知りました。

そのムチ打ちは治っていると思っていましたので、ムチ打ちの時の症状が出たのはビックリしました。治っていなかったようです。自分ではまったく気ずいていなかったみたいです。

それから、私はこれは鼻汁が出た話なんですけど、パワーを入れてもらったら、鼻汁がどんどん出てきて、その症状が数日ずっと続いて、それが止まった時には、頭の前のほうから頭全体が軽くなっていきました。
それで、鼻も顔もなんかひきしまって、小顔になったような気がします。

本題の逆子のほうの話なんですけども、先生にパワーを入れてもらってから、数日後、定期検診なので診てもらいに行ったら、お医者さんから、逆子はキッチリ治っていると言われました。

後日「逆子を治す体操をやっていたのですよね」と、お医者さんに聞かれたんですけども、結局あまりやってなかったので、ほんとうに先生の自然パワーで治ったんだと思っています。

先月の末、予定通りに無事お産をすることができました。3000グラムの女の子でした。生まれて3日目で退院しました。
この子は家に帰ってから直ぐなんですけども、ほんとに足でどんどん蹴って、頭の方に移動していって、布団から落ちてしまったりと、とっても猿みたいな活発な女の子でビックリしています。

私にはこの子の上にも子供がいますけども、生まれてこんなに早く、こんなふうに活発な動きをする赤ちゃんは初めてです。

この子は母乳もしっかり飲んでくれて、昼もよく眠り、夜もしっかり眠ってくれるので、私も家族も寝不足になることなく助かっております。
私のほうも、お産のダメージが全然なくて、家事もやりすぎるくらいにやってしまって、自分でも大丈夫なのかなあと思って、はじめはとっても不安でした。けど、今も大丈夫なので、大丈夫だったんだなあと思ってます。

そうですね、あとは、一度オッパイを飲むと結構寝てくれるので、お産後、7日目ぐらいから、この子をバスケットに入れて、あちこち外出しています。車の中でも、どこでも、周りの音や笑い声にもビクともしないで、ゆっくり寝てくれますので、ほんとうに手のかからない子で助かっています。

また私のムチ打ちの後遺症と逆子が直ぐ治ったり、母子共々こうやって元気なのも超愛術と先生のおかげだと感謝しております。

▲ページトップへ

● 40才 男性 腰痛、霊障

この方は今年になって、5月の1日。2回目は8月の11日の日に来てくれました。

一回目の時は、腰が痛いから治療してほしいと言って来たのですけども、カルテを書いてもらってる間に何かおかしいなと、私は気づいたことがあるのです。そのおかしいなというのは、この男性には目に見えない2人の人を連れてきているな、ということが分かったのです。

言葉ではうまく伝えられないのですけども、私がなんとなくそれが分かるのです。そのことを男性の方に言うと、自分はそういう亡くなった人で、気にかかるような人はいないということなので、さっそく腰痛の施術を行いました。そしてしばらく経つと、腰が良くなったと言いながら、腰を左右前後に動かしていました。

もう一度、私はその亡くなっている人達のことを再度聞いてみると、2人気になる人がいるということです。それは自分の元嫁がある男性と一緒に暮らしていたのですが、元嫁がその男性に首を絞められて殺されたそうです。また自分の友人と喧嘩別れした後にその友人はすぐに亡くなったそうです。

気になるといえば、その2名だけだということを言ったので、その2人の名前を聞いて真剣に「自然療法」で施術を行ないました。それで、その日は終わったのです。

8月11日に2回目に来た時に、実は自分はあの時に言わなかったんですが、日ごと夜ごと、殺された元嫁と、喧嘩別れした友人が頭の中で、いつもかわるがわる現われてきたそうです。
そのため頭は円形脱毛症であり、その人いわく10円禿げだと。いつもイライラして、子供ともコミニケーションが全くとれない状態だったそうです。

5月1日の一回目の自然療法を受けた次の日から、殺された嫁と、喧嘩わかれした友人も、頭の中で出てくるけれども、すぐに消えていくそうです。
その10円禿げもいつのまにか治っていたそうです。
それと最近、娘とのコミニケーションがとれてるのだと、すごく喜んでくれました。

私は思うのですが、肉体の痛みもあると思うんですけども、それよりも心の悩みとか、精神のつらさのほうが、これからはどんどん増えてくるのでないかと思っています。
そのような方は、呪(まじない)とか、除霊とか、祈りとか、そういうことをするよりも、「超愛術」(「自然療法」)で施術するほうが早く解決できると思います。

▲ページトップへ

● 46才 男性 肩こり

その方は忙しくて、今年になって仕事を4回しか休んだことないと言っていました。
その人の肩こりというのは、肩は鉛みたいにかたまって、背中は鉄板みたいになっていると言ってます。だから胸を張ることができない。胸を張ると背中が痛いそうです。

「超愛術」で施術をすると、その場で肩こり、背中のこりが取れて、ほんとうに喜んでくれました。その方は、これだけ楽になったのは何年ぶりだろうと言ってました。

私も肩こりで、これだけ喜んでもらうのは何年ぶりかと思いました。

● 57才 女性 顎関節症、緑内障

私は先生にお世話をいただいたのは2年前からです。
その当時私は腰痛で、先生に電話をし、行く準備をしていましたら、何故か痛みが消えていきました。

片道1時間ぐらいを運転して行き、先生に施術をしていただきました。また先生に今日までの私の事を相談したところ、涙があふれ、ただ泣いてばかりでしたが、帰る頃には不思議に心と体が軽く、心から幸せだなあと感じました。これまでの人生で最高に幸せな自分に気ずき、ほんとうに嬉しく、ありがたかったです。

私は去年の6月に、我が家に来て下さった先生に、右の顎が時々痛く、違和感があると話をし施術を受けました。また私は幼少時から右目が弱視ですが、実は十数年前に緑内障とも診断されていましたが、怖くて、勇気がなく、病院には行っていませんでした。

そして先生に相談し、その後病院で診察したところ、病院の先生から「大丈夫です」と言われ、すごく嬉しかったです。顎関節症と緑内障が治っていたのです。

最近ですが、私は7月上旬にまた交通事故に遭いました。
店の前に停まり、私と母が、父の買い物を待っていた時に、相手の車が突然後退してきたのです。
一瞬すごい衝撃で、頭が真っ白でした。その後、何事もないと思い、両親を実家に送り届け、自宅に帰る時に、急に舌と口の周りがビリビリとしびれてきました。

実は私は25年前に、交通事故で、頚椎捻挫で、1ヵ月入院と通院し、その当時の症状とまったく同じで、ぶり返しは大変と思い、すぐに先生に電話での「遠隔施術」をお願いしました。 約10分位で我が家に着く頃には症状は良くなり、ほんとうに安心しました。

先生には実家の家族全員と、私の親戚や友人など、たくさんの人達のお世話をいただき、元気に過ごしております。ほんとうに感謝しています。
特に主人は、1年前には、「超愛術」での施術を受ける私を冷ややかな目で見ていましたが、今では超愛術を授かり、携帯を肌身離さず大事にしています。

私はこれから人様のお役に立てますように、頑張っていきたいと思います。

▲ページトップへ

● 23才 女性 首痛

その方は、下を向くと痛い、頭を上にするとができない。今年の7月から8月の2ヶ月間首と肩が痛かったそうです。

最初は私の所に来るつもりだったのですが、5,000円という値段が気になって来れなかったので、近くの保険の利くとこへ行ってたそうです。2ヶ月間いっても一向に治らなかったそうです。もっとひどくなっていくような気がしたので、ついにやってきたとのことです。

その女性に自然パワーを入れると、そうですね、時間で言うと本当に数秒です。数秒で首がまったく下を見ても、上を見ても痛くないということです。帰る時にその方は、結局自分は損をしたということを言ってました。

注記:来院者の体には、一切触れずに施術を実行した症例です。

● 62才 夫 肩こり、腰痛 50代 妻 首痛

女性は首をじっとしているだけでも辛い、痛い。お尻の下が両方とも痛い。特に左側が痛いということです。この2人に両方いっぺんに同時に行いますからと言うと、女性は「パワーが上がったのですか?」と言うので、「はい、パワーが上がりましたので、2人同時に行えます」と言って、施術を実行しました。

すると、私が「もういいですよ」と言う前に、女性の方が「あっ、首の痛みが取れた」と言いながら立ち上がって、今度、腰のあたりを手を当てて「お尻が痛くない」。その横でご主人が腰を回しながら「腰、痛くない。肩も取れている」ということです。

5分ほど話をしていると、女性が泣き出したのです。「どうして泣くのですか」と聞くと、本人いわく、「わからない。ただ嬉しいんです」と言って、泣き続けたのです。

注記:来院者の体には、一切触れずに施術を実行した症例です。

▲ページトップへ

● 年齢不詳、なぞの女性です。

ある日電話が入り、「紹介者の名前を言わなくても予約は取れますか」と聞いたので、「取れます」と答えました。
その予約した日に来て、次は、「氏名、住所、電話番号、言わなくても診てもらえますか」と言うので、「どうぞ」と言って、入っていただきました。

ベットの上に腰を掛けてもらうと、その女性は僕にいきなり、「ごめんなさい」と言うのです。「私、お風呂、1ヶ月以上入っておりません。少し臭うかもしれません。足がだるくて、体がしんどくて、いつも、いつも、すっきりしない。この状態が何年も続いている」と言うので、さっそく施術を行ないました。

すると、数十秒してから、涙がボロボロ、ボロボロこぼれるので、ティシュを出そうかなと思ったんですけども、ティシュではとうてい間に合わないと思って、タオルを目頭に当てました。

話は少し遠まわりします。
その女性はご主人と別れて、昼も夜も働き、それでも借金が増えていったそうです。どうにもならないので、風俗店で働くようになりました。その風俗店のオーナーがおるので、その女性はオーナーに相談したらしいです。「私はいつもこういう恥ずかしい思いを受けています。こういう切ないことを要求されます。これほど辛いことを要求されます」とそのオーナーに相談したところ、そのオ-ナーは人間扱い、女扱いしないで切り捨てたのです。「店長に相談してくれ」。

彼女は店長に相談したのですが、そこそこ、話は聞いてくれ、そこそこ、慰めてくれるのです。ということが何年も続いたそうです。

それから何年かしてから、その女性は風俗店 オープンしたそうです。その一軒の風俗店が、あたりに当たって繁盛したようです。
それで、もう一店舗、もう一店舗と、どんどん増やしていっているうちに、睡眠時間が1日2時間になったそうです。風呂も勿体なくて入れない。

ある日、彼女の風俗店に勤めている女性が、同性の女性オーナーだから話をわかってくれるだろうと相談をしに来たようです。その時に彼女は「店長に相談してくれ」と言って断ったそうです。彼女は、以前勤めていたところのオーナーと同じことをしたのです。

話を元に戻します。
涙がこぼれるので、タオルを目頭に当てていました。
しばらく落ち着くのを待ってると、その彼女は突然こう言ってきました。「上からか、下からか、よくわからない。死んだお母さんの声なのか、神様の声なのか、わからないけども、はっきり聞こえた。」「優しくしなさい!優しくしなさい!」と聞こえたそうです。
その彼女は、「今日は心身ともにすっきりした」と言って帰っていきました。

注記:来院者の体には、一切触れずに施術を実行した症例です。

▲ページトップへ

● 39歳 女性 低髄液圧症候群

或る本には脳脊髄液が漏れると大脳や小脳が沈み込み頭がい骨の底にぶつかり、様々な深刻な症状が発生すると書かれています。

彼女は低髄液圧症候群であり頚椎・胸椎・腰椎・骨盤の痛みが続くので、病院でブラッドパッチを3回受けました。3回目のブラッドパッチで4か月間寝たきりになったのです。

脊髄を覆っている一番外側には硬膜があり、その硬膜と脊髄を保護している背骨の間にある脂肪組織に、患者の静脈から採取した血液を注入することをブラッドパッチと呼んでいることも記されています。
その血液が硬膜に広がり髄液が漏れている箇所を覆い、ノリ状になって漏れを止めるそうです。

ある日彼女が来院。
私は彼女と数秒間握手をして、「自然パワー」を放射し施術を行いました。そして「もう大丈夫です」と声をかけ、身体をゆっくり緩めて終了です。
彼女は昔の元気だった頃の自分に感覚が戻ったようだと言い、「昔の自分はこんなふうに物を見て感じていたんだ」とつぶやきました。

そして彼女は10ヶ月後に再び来院。
彼女に軽く目を閉じてもらい「超愛術」による施術を実行し、身体をゆっくりと緩めて終了しました。
彼女は元気な自分が今戻ってきたという感じが更に強まったと嬉しそう。

そして何よりも施術をした瞬間に痛みが軽減し、時間の経過とともにどんどん楽になっていくという。彼女は低髄液圧症候群になって6年間病院でいろいろな治療を受けて、その瞬間だけ楽になることを何度も体験しています。

しかし私の施術院で施術を受けると、彼女は一瞬に良くなる上にその場だけではなく持続するので「本当に治った」のだと実感するそうです。
彼女はもっともっと良くなって、家族や人の為にできることをしたいと強い思いを持っているのです。

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)は近年注目され始めたものであり、まだ詳細なことは分かっておらず医師によって見方に差があるようです。
日本では低髄液圧症候群で苦しんでいる方が約30万人いるらしいので、私は今後もそのような人達のために役立ちたいと思います。

▲ページトップへ

● 34歳 女性 精神異常…本人が語る

3年前に夫と離婚をし、その後子供2人と3人暮らしをしていました。
生活の中で元夫から受けた暴力などのフラッシュバックが強くなり、精神科に行き治療を受けました。内服薬が次第に多くなり思うように体が動かず、子供との生活が辛くなり精神科に3ヶ月入院しました。

その後も自立支援の施設で半年、1年と一人生活を送りました。それでも不安は強く薬はやめられません。しだいに手のふるえや足踏みをする動作が出てきてとてもつらいと思っていました。

その時、先生を紹介してもらい先生の施術を受けました。先生は私を見るなり状態を見抜いてくれました。私は安心して治療を受けることができ、終わった時にびっくりしました。今まで悩んでいた手の震えが止まっているのと顔の表情も変わっていたからです。
先生と出会えて本当に良かったと感謝しています。

▲ページトップへ

● 83歳 女性 霊騒動…本人が語る

ある日、用事ができて出かけようとした時、部屋の壁から突然と女の人の声が聞こえてきたが、聞き流して出かけました。

帰ってきたのは夕方6時過ぎでしたので、早速夕食の支度をしている時でした。また先ほどの女の人の声が何べんとなく誰かを呼んでいました。其の日は夜の10時まで呼びっぱなしでした。

翌朝9時から又女の人の声が聞こえてきました。10分位続けて一休みし又呼び続ける状態が一週間続きました。このお化け屋敷にはもう住めない、もうこの家を出て行こうと決心した時、私の友達が遊びに来てくれました。

だがこの出来事は話しませんでしたので、友達は一緒にカラオケをしようかと唄の本を出して唄っていました。しかし女の人の声が何べんとなく聞こえるので、友達は驚愕しふるえていました。

このままではだめと思い、早速先生に電話をかけました。先生は早速家にこられ部屋の中に入ってみて、此処だと壁のところで何かしていました。しばらくしてもう大丈夫だと話してくれましたので、やっと安心することができました。

それからは、ぜんぜん女の人の声はしなくなり、先生のお陰だと感謝しています。今も安心して住んでいます。

▲ページトップへ

● 14歳 女性 霊障 

彼女は精神異常で、現在と過去を行ったり来たりを繰り返す症状にて約2年間入退院を繰り返しているそうです。母親と一緒に来院されたが、施術は親子を同時に行うことにしました。

母親は昨年うつ病で来られた方で、現在は良くなっているようです。そして霊感がある人で1度失っていた透視能力が少し復活しているそうです。
子供の両目は上を向いて半分白目になっており、無表情で歩くのも弱々しく言葉も出ません。体に触るのを極端に嫌っているとのことで、仕方なく触ることをしないで、「超愛術」での施術を実行しました。

母親も同様に行ってから、子供の頬やおでこに人差し指で突きながら「もう大丈夫だよ」と数回繰り返しました。「ハイ笑って」と優しく言うと、口元に笑みが出てきたので、もう大丈夫だと思い「ハイ立って、座って」を数回繰り返したが素直に従ってくれました。
「ハイ歩いてみて」で歩き、「ハイ走ってみて」で元気よく走り、その際には目つきは正常になっていたのです。

再度ベッドに座ってもらい、お名前は、読みたい本がありますか、にまともに答えてくれたので「ハイもういいですよ」で終了しました。
それから、しばらく雑談をしてからお帰りになりました。帰ってから家族が全員で7人おられますが、全員がその子が良くなった変化に気づいたのです。

翌日病院に行ったら先生が目を丸くして驚いたとのことでした。家族で出した結論は、病院は止めて薬も止めて、私の施術を2週間に1回受けることにしたと、私の知人を介してその旨の連絡が来ました。

知人の話によると、お母さんの透視能力が復活しており私が施術の時に立ったり座らせたりした際に、子供から「低級霊」が離れて消え去ったのが見えたと言うことで、私には分からない事がおきていたことを知りました。病院では治せない筈であり、2日後には子供さんの顔つきが別人のように変わったと言うことです。

皆さん、精神病や難病にはこのようなケ-スが多いのではないでしょうか。人間に憑いていた霊は排除をするのではなく、その霊を救済する必要があるのです。

▲ページトップへ

● 62歳 女性 腰痛、ひざ痛

痛みのため3ヶ月前より朝昼夕と薬を飲んでいます。しかし腰が痛く、そして右ひざが痛くて正座もまったくできません。

「超愛術」で施術を実行。それからうつ伏せになってもらい腰を軽くなでる。「起きてみて下さい」で起きると、「あれ腰痛くない!」。

本人はすぐに気がつかないでいましたが、「私、ひょっとしたら正座してない?」「そうですよ、貴方は今正座しています。」わずか数秒の施術で、ここまで回復したことに、びっくりしたようです。

● 40歳 女性 風邪

3日前より風邪で鼻が詰まって喉が痛い。と電話での施術を依頼してきました。受話器を持ったまま、「超愛術」の施術を実行する。

2時間後に再度電話で連絡がきました。「2時間じゃんじゃん鼻水が出続けた。そしてピタッと鼻水がおさまり、鼻の通りがよくなり、喉の痛みも無くなった」ということです。

電話での施術効果を知っている人であり、抵抗なく受け入れてくれたから、より効果が出やすかったのでしょう。

● 70歳 女性 腰痛、膝痛、高血圧、みぞおちが痛い

彼女は常時電子血圧計持ち歩いているので、血圧を測ってもらうと、183/87㎜Hg でした。 

薬は体によくないと思っているので飲んでいないそうです。
早速「超愛術」で施術を実行すると、その場で痛みは解消しました。
丸く曲がっていた背中をトントンとノックしたら、丸味も改善しました。
そして血圧をはかってみますと、165/83㎜Hgでした。

3日後に電話で様子を聞いてみると、腰、膝痛、みぞおちの痛みなしで、血圧は152/82㎜Hgでした。高かった上の方の血圧が、3日間で「30」も下がっていたのです。

▲ページトップへ

● 57歳 女性 猫背 

以前来院した方から、半年ぶりに電話が入りました。
『お陰様で去年と違い農作業を頑張れました。男顔負けに力仕事もこなし、皆がびっくりされた。腰がだるい日もあったが元気です。
ただ草刈などでかなり猫背になった。胸反らそうとすると背中が苦しくなるのでできない。
背中を丸めている方が楽なのでますます猫になってきた。
ワンピースを着たら他人に前後の寸法が違うのじゃないかとと言われるくらい前側が後側より垂れていた。
猫背を直して姿勢を整えてほしい』と、今日来院しました。

早速自慢の「超愛術」での施術を実行してから、どうですかと言いながら肩に触ってみるとやわらかい。ベットに寝てもらい全身触ってみると、本人もやわらかさを納得したようです。

背中が無理なくまっすぐにでき、胸を張れるようになり、姿勢が良くなりました。本人は「うわっ、スッキリした!親、兄弟、子供の皆が猫背で、昔から遺伝と言われていた」と嬉しそうに話されました。
遠方からこられたのに来院10分足らずで、早々にお帰りなさいました。

▲ページトップへ

● 70歳 女性 霊障

20年ぶりにばったり会った方から紹介されて、すぐ仕事を急きょ休んで来院された方です。

8年前に娘さんを自殺で亡くした。それからご主人が酒びたりになり、酒が入ると彼女に暴力振るうようになった。カミソリを振り回すようになったので離婚したそうです。
まもなくご主人が脳挫傷になり、意識不明のまま7年経ち今年亡くなったということです。

肩に鉛がのっているような感じ。パンパン!
腰もギシッと押さえつけられているような、ガッチリつかまれているような苦しさがあり、膝も苦しい。

「自然パワー」を数秒放射してから、「肩動かしてみて」で楽に動かせる。膝の苦しさが少し残るも肩、腰はその場で楽になる!
ベットに休んでもらいながら皆さんの名前を聞く。
亡くなっている娘さん、ご主人、ご両親の名前などを紙に書いて、一人ずつ思念で施術する。「皆さんに、心のふるさとに早く戻ってもらわないとね」と言ったらすぐ納得されました。

他の施術院に通い続けたが、何時まで経っても治らなかった理由が分かったようです。「霊障」を理解されたようでした。

▲ページトップへ

● 48歳 女性 ムチ打ち

上司の紹介で来院。
10年前に交通事故をした。ムチ打ちはたいした事ないと思っていた。
何時の頃からか常時、右首から右肩が苦しく、立ちくらみがあった。

1週間前より後頭部に2時間おきに痛みが出るようになり、そのうち頭全体がボーッとなってきたとのことです。きのうからは左背中から左胸に刺すような痛みも出てきたそうです。

上司に心臓でも悪いかもしれないから検査に行くと話したら、「その前にこの先生の所へ行ってみたら」と、すすめられたのです。
その上司より電話をもらい、すぐ「自然パワー」をその人を意識して送りました。

10分後に上司より電話が入る。「後頭部痛消えた!本人が直接先生へ行くというから地図を持たせたからよろしく」と。
1時間半運転して来るも市内に入ってから迷子になってしまったというので迎えに行きました。

背中が丸く硬い。(自然パワーを浴びる前は、もっと硬かったと思う)
再度「超愛術」で施術を実行しました。
血が動きだした感じすると言い、「うわっ、背が伸びた!」「姿勢もモデルさんのようにきれいになったわよ」。
「右首から右肩すっきり!すっかり楽!気持いい~!」垂れ下がっていたような眼も大きくなり、目がいきいきと目力が出ている。

何回も首を前後左右に曲げてみている。「どこか変なの?」「いいえ、全然痛み無くなったのが不思議で、確かめていました。体がこんなに軽くなったの初めて!」。
迷子になりながらも来て良かったと嬉しそうでした。

▲ページトップへ

● 44歳 女性 月経不順

人から聞いたからと遠方の県の方より電話入る。
結婚して3ヶ月間と去年夏3ヶ月間生理が止まり、先月から又生理が止まっている。ストレスと疲れかなと思っていると。

クリニックに行っているが、人工的なことはしないで赤ちゃんが欲しい。
2ヶ月前より丹田道場へ通い呼吸法もはじめている。
姉は31才で出産したにもかかわらず、ダウン症の赤ちゃんが生まれた。ダウン症の因子は遺伝子のみでない気がするが、でも自分の場合その確率は高くなるのでしょうね?

私「長男の嫁さんも40才過ぎてからの高齢初産でしたが、優しい頭の良い子ですよ。お医者からはダウン症の確率高くなると言われましたが、息子夫婦はどんな赤ちゃんが生まれてこようと、責任を持って育てよう。だから1人は産もうと話し合ったようです。だから決めつけなくても、よいのではありませんか。

貴方のお姉さんの娘さんは“ピュア”で、周りにやさしい癒やしを与えてくれていませんか。」
「はい、そうです」ここから声が詰まって泣き始める。
まもなく、「泣いているけど笑いたい気分になってきました。目は笑っているのになぜか涙が止まらない、、、」と。

「泣くも笑うも今までのストレス、トラウマから開放されて浄化されていく過程ですので恥ずかしく思う必要ないですよ。
生理が無いという事は排卵障害ですが、自然界にお願いしましたから様子見て下さいね。子宮、卵巣細胞の免疫力が上がりますから、“試験管ベビー”など必要なくなると思いますよ」

その後も彼女から何回も電話が入る。
まだ生理こないが体調がすごくよくなってきている。疲れなくなったし、疲れても休むとすぐ元気になる。
「薬」に戻ろうと誘惑心がおきそうになるが、踏みとどまっている。
あせって根っこのところで自分にプレッシャーかけて緊張していたが、最近は緊張しなくなってきた。
電話で話しながら、「自然パワー」を送る。

再度電話が入る。
7日に、5ヶ月ぶりに、いつも通りの生理がきた。声がはずんでいる。実は8日から「薬」を飲もうと思っていた矢先でした。来月も様子を見ます。話しながら再度「パワー」を送る。
20分位の電話が終わる頃、どうですかと尋ねると、「下半身が熱くなってきました。特に足の末端が熱くなってきました。はじめての感覚です。また電話します」。

▲ページトップへ

● 40歳代 女性 疲れ

夜、当直中の看護師長さんから電話が入る。「肩バン!バン!苦しい、目も充血しています」と。

一度電話を切ってから、当人に「自然パワー」を送る。
すぐ電話が入り、「先生凄い!先生との電話切ってすぐ楽になりました。パワーがますます進化しているのですね。明朝、当直明けで治療に行こうと思っていたけど、いいみたいです」「でも、やっぱり先生の顔見たいから行きます」。

午前来院する。目の充血はきれいに消えている。
夜中、病棟からの呼び出しもなく、救急患者もなく、横になれる時間はあったが、いつ呼び出されるかと緊張しながら寝ているので、うつらうつらで寝た気しなかったそうです。施術をしてから小一時間寝てもらう。

起きたらスッキリしたと。肩も全身も緩んでおり、軽く調整して終了した。
「家へ帰らないで病院へ戻ろう」「えっ、どうして?」「すっかり眠気も覚め元気になったので、やり残しの仕事を片づけに行く」。すっかり顔色もよし、素敵な笑顔になりマイカーで職場へ戻られた。

▲ページトップへ

● 自然療法師 大腿内側筋の痙攣…本人が語る 

猛暑日で発汗量の多い日でした。日中意識的に水分とミネラルを補給していたつもりでしたが、夜に寝転がって友とスカイプをしていた時です。突然左大腿内側に激痛がきました。まもなく右にもきました。ふくらはぎのこむら返り(痙攣)に似たような痛みが両太ももの内側におきたのです。気分が悪くなってきました。

急いで自分に「自然パワー」をお願いしました。ソファーからやっと降りて、這って台所へ行き塩水をつくり飲みました。私の突然の苦しそうな様子が、スカイプを通して、一部始終友に聞こえていましたので、ビックリして、友も必死で遠隔ヒーリングをしてくれました。

その時です。頭に猛烈な熱さを感じました。体温が上がったのでなく、熱さに包まれたのです。逃げ出したい熱さでした。熱さは私に付いていて、体を移動すると熱さも付いてきました。まもなく体全体が熱さに包まれましたが、両大腿の激痛は同じでした。

ところが気がつくと、15分足らずで、激痛はウソのように消えていたのです。
左足底筋(親指側)が少々攣(つ)って痛みがあることに気がつきましたが、それもまもなく消失し、「良かった、良かった」と、友とまた、何事もなかったかのように話しを再開していました。

▲ページトップへ

● 57才 男性 全身が苦しい

健康も経済も好転するからと誘われて以来、某新興宗教に凝っている方ですが、この2~3日の急な寒さに体調が悪いということです。首凝り、肩こり、腰痛、両股のつけ根など全身が苦しいようです。また、今回初めて右足の第1指、2指が猛烈に痛いと電話が入りました。

電話で話しながら「自然パワー」を彼に送りました。それから2時間後に来院しました。半年ぶりの来院です。もう大分楽になったと言う。全身軟らかくなっていました。

以前、重症の肝臓病で、全身の皮膚が赤く腫れあがっていた方で、某宗教では治らず、「超愛術」に助けられた方です。
以前は施術に2~3時間かけないと「楽になった」と言わない方だったので、営業時間終了後の夜に来てもらい施術していたのですが、今回はほとんど体に触ることなく、短時間で回復していました。

体が苦しくて人の話に集中できなかったが、今は先生の話をちゃんと聞けると。

「うわー、すっかり楽だ!」と、非常に嬉しそうでした。

翌日分かったのですが、施術後、その足で営業に行ったら、商談がうまくまとまったとのこと。そのことも喜んでいました。

● 34歳 女性 パニック障害…本人が語る

人と話しをしていると、顔と体がカチカチになり倒れそうになります。
先生の施術院にきて、先生と話し目を見ていると、やはり倒れそうになるのです。

先生に施術をしていただいたら、まったくリラックスして、話しができるようになりました。そして手に震えがあり、字を書いたりすると震えていたのですが、施術後には震えていた手が、ピタリと止まったのです。

全体的に体の緊張がとれて、のどのつまり感等もなくなりました。そして体が温かい感じがし、とても落ちついた気分です。先生ありがとうございました。

▲ページトップへ

● 55歳 女性 無筋力症…本人が語る

私は無筋力症で力が入らないで困っていました。
先生が施術をした後には、すぐに手のひらが軽く開いて楽になりました。

母の介護をしながら仕事をしていましたので、ストレスが多くうつ状態になっていました。先生に話を聞いていただき、そして体を診てもらったあとは、体も心も本当に楽になりました。

自分自身の気持ちの持ち方を教えていただいて、これから頑張っていこうという気持ちになれました。これからも、よろしくお願いします。

● 19歳 男性 足痛…本人が語る

私は名古屋の大学でサッカーをしています。
サッカーで足を痛めたり、思うように動くことができない時に、電話での施術を受けます。そうすると次の日から、動きにキレが出てきたり、思うように動くようになりました。

● 58歳 女性 膝痛、高血圧…本人が語る

膝や左足が痛み、歩くたびに背中まで痛かったのですが、施術を受けた瞬間に痛みがなくなりました。
また高血圧で薬を常用しても、150/100㎜Hg だった血圧が、134/75㎜Hgまで下がりました。

● 37歳 女性 肩こり、腰痛…本人が語る

本日の施術は、1度も私に触れないで行なわれ終了しました。
肩こり、腰痛、足のだるさがありましたが、施術をして下さった瞬間に全てがなくなり、顔の表情が常に笑っている感じになりました。
顔色もよく、体全体が柔らかい色を発しているように感じられました。

▲ページトップへ

● 86歳 男性 肩骨折後遺症

来院者の右腕の挙上が約50度であり、水平まで上がらない。
私が「それ以上は上がりませんか」と言うと「そう、これ以上は無理なのでリハビリへ通うのも止めようと思っている」と答えました。

早速、「超愛術」で施術を行なってから、「さあ、腕を上げてみて」「え~ウソ、左と同じ高さまで上がる」。2年間もリハビリして頑張ってきたが、ここまでと諦めかけていた腕が、90度を楽に越えて上がったのです。

一気に左手と同じ高さに上がって驚きと喜びひとしおでした。ちなみに人工骨頭と数本のボルト締めの状態であり、お互いに喜びあいながらも、私は内心では凄く驚いていました。

● 4歳 女性 再生不良性貧血

1年前より風邪をひきやすく病院で受診する。検査の結果、再生不良性貧血と診断される。赤血球、白血球、血小板等全て半分以下。極度の貧血。唇に色無し(白)。常に微熱、熱感あり。

当院に来院する数時間前に、「自然パワー」をその子に送る。
来院した時は、既に唇にピンク色さしていて熱感はない。お母さんが初めての事とすごく驚いていた。

近々骨髄検査が予定されているとのこと。
私は、これ以上子供さんに苦しい思いをさせないで、様子を見るために検査を延期してもらったら、と言った。

後日、大学病院を受診したら、血液検査の結果が今迄で一番良かったので、骨髄検査は延期して様子を見ると、医者の方から言われたそうです。(医者は首を傾げていたと)

▲ページトップへ